リンクルショットで日本で唯一シワに効く化粧品を販売しているポーラのBAシリーズのレビュー

ポーラ(POLA)BAは買い?【私の効果体験談】 口コミに騙されない

POLAホワイトショット

全顔用美白という発想が凄い!ポーラホワイトショットCX

更新日:

普段から美白効果のある化粧水を使っていますが、40歳を過ぎてからというもの、あまり手ごたえを感じられなくなりました。

もう、本当に落ち込みますよね…。

高価な美白美容液は、シミや肝斑が気になる部分にスポット的に使用するのはいいとして、顔全体に塗るわけにはいきません。となると、美白化粧水を強化するしかないのかなと思いましたが、いろいろ試してみてもコレ!と思えるものがない。さらに美白効果のある化粧水はどうしても乾燥しがちです。

もっと顔全体に塗れる美容液的なものがあれば、それと普通の化粧水を合わせた方がいいのではないか?そう思っていたところ、ポーラで「全顔用美白美容液」なるホワイトショットCXを見つけたのです!

実際にポーラホワイトショットCXを使ってみた感想

 

直後に感じた効果・すっと浸透する軽さ…ちょっと心もとない?

実際にホワイトショットCXを手に取ってみると、化粧水よりは若干とろみがあるものの、べたつく感じはまったくありません。これなら全顔にのばしても違和感なく使えます。よくある美白化粧水とはまったく違って、つっぱり感もナシ。

化粧水のようなテクスチャーなので、スキンケアのどのタイミングで使ったらいいのかと惑うのですが、正しい使用タイミングは『洗顔、化粧水の後。スポット用美白美容液の前』になります。

もし、長年愛用している美白美容液があるという方は、美容液を使う前にプラスします。

使ってみた直後の感想は、美容液というにはさらっとしていて、ちょっと心もとない感じ。使ってみた直後に「おおーっ!!」という変化は感じませんでした。(当たり前?)

ただし、これは美容液なんだわ!と自分に言い聞かせると、『美容液を全顔に使える贅沢さ』というものに酔いしれることができます。

スポット用の美白用美容液は、高いし、量も少ないので(笑)顔全体に伸ばすわけにいかないですから…。

翌朝以降に感じた効果・くすみがちょっと軽減?

使ってみた翌朝、鏡を見ると、心なしか顔全体のくすみが改善されたような気がしました。清潔感のある肌というか…。肌をにごらせるベールが1枚うすーくはがれたみたいな感覚。洗顔後の肌色がいつもより少し明るいのが分かります。

ただ、それほど即効性はないというか、レブアップを使ったときのような翌朝にびっくり!というほどの感覚はナシ、でした。

翌朝以降に感じた効果・「なんか顔白い?」発言

化粧水のあとにこれを使って、肝斑が気になる部分はホワイトショットSXをスポット使いする……という方法にお手入れを変えてみたところ、1週間くらいで主人から

あれ、なんか顔白い?具合悪いの?」

と言われました。(笑)

これまで化粧品の効果になんて、まーったく気がついたことのなかった彼が!!起き抜けの私の顔を見て、そう言ったのです。これには大笑い。この人が気がつくくらいなら、かなり白くなっているということだと思います。

確かに顔全体のトーンが明るくというか、あか抜けた感じになりました。

これぞ「全顔用美容液」の威力。確かに、単なる美白化粧水では実現できない白さだと思います。

スーパーの商品陳列棚って鏡になっていることが多いじゃないですか?その鏡に映った自分の顔がすごくくすんでいてギョッとすることが多かったのですが、ホワイトショットCXを使ってから「おっ?イケる?」という明るい肌色であることが多くなりました。

すごいな。と思ったのが、肌がちょっと荒れていたときも、肌のトーンだけは明るかったこと。美白」という任務というか(笑)、やることはやってるんだな……と感服したくらいです。

使い続ければ、もっと黄ぐすみも軽減してくれるはず!と期待しています。

おまけ・2週間で若見え肌を実現!

先日はいつも通っているスポーツクラブであるレッスンに出てみようとしたところ、受付の方に『これって40代の方が中心ですけど、大丈夫ですか?お若い方はあまりいませんよ…』と言われてしまいました!ええ!!私も40代です!(笑)

て、いうか今時40代をオバサン扱いするなんて、なってませんね!(怒)40代はオバサンじゃないから!と言おうかと思ったくらい。ですが、好意的にとらえて(笑)やめておきました。

これまでの美白化粧水との違い

これまでは、この全顔用美白美容液のような感覚で、コーセーの雪肌精を使っていました。

「全顔用美白美容液」という概念が他のメーカーにはないので、一概に比較はできないのですが、一般的な美白化粧水に比べると圧倒的にしっとりします。

さらに刺激が少ないので、ちょっと肌が荒れ気味のときに使ってもピリピリしません。雪肌精のように、エタノールが入っている化粧水はピリッとするときがあるんですよね……。

雪肌精も素晴らしいアイテムなんですが、いかんせん40歳を過ぎると、少し手ごたえを感じられなくなってくるし、肌がゆらぐことが多くなるこの世代にはちょっと厳しいのかな~という感じ。

これなら、雪肌精をやめて、ホワイトショットCXをリピしたほうがいいかな?と思っています。

全顔用美白美容液という発想

私は化粧品の中でもお金をかけるべきなのは

  • 美白美容液
  • アンチエイジング美容液
  • アイクリーム

の3つだと思っています。この3つがしっかりしていれば、それ以外の化粧水やクリームはそこそこのものでもいい。

すべてのアイテムに際限なくお金をかけれらればいいのですが、そうもいかないですよね。

使ってみて感動度が大きいのもこの3つのアイテムだと思うんです。

だからこそ、美白美容液には若いころからお金をかけてきましたが、高いスポット用の美容液を顔全体に塗るようにもう一つ購入するわけにもいきません。たっぷり使えて美白美容液なみの効果があるアイテムがあれば……とぼんやり考えていた私に、このホワイトショットCXはまさにスマッシュヒットでした(笑)。

美白と抗糖化を同時に叶えて垢抜けた肌に!

40代になって気になり始めたのが、顔全体の黄ぐすみと肝斑です。

シミは少ない方だと思ってたのですが、40歳を過ぎてから、両頬骨の上にうっすらと肝斑らしきものが…。そしてその肝斑よりも気になるのが顔全体のくすみです。なんていうか……。

顔全体が黄色っぽい。おばさん肌…。

もう本当に泣きたくなりましたね。鏡の前で何度「もうやだ!」と叫んだことか(笑)。

 

シミや肝斑の原因となるメラニンと黄ぐすみの原因となる糖化の両方にアプローチしなくてはならない。

 

糖化はたんぱく質と糖分が結びつくことで起こる糖化を防ぐ一番の方法は食生活の見直しをすること(これについてはまた詳しく触れます)なんですが、できれば美白成分だけはなく、肌からも抗糖化のアプローチをしたいところ。

 

それを叶えてくれるのが、ポーラのホワイトショットCXなのです。

 

ポーラ独自の美白成分・ルシノールEXとは

このホワイトショットCXに使用されているのが、ポーラ独自の美白成分「ルシノールEX」です。

美白に執念を燃やしているポーラは(笑)まず、数百にもおよぶ原料をひとつひとつ美白効果がないか、入念にチェックしていきました。

そこで見つけたのが「シベリアモミの木」。このシベリアモミの木から抽出した成分を元に作られたのが、ルシノールです。

シミやそばかす、くすみの元となるメラニンはメラニンを作り出す酵素「チロシナーゼ」とアミノ酸の一種である「チロシン」が結びつくことで起こります。このルシノールはチロシナーゼにぴったりとくっつく形をしているので、チロシナーゼはチロシンと結びつくことができません。

こうしてメラニンが作られにくくなるというわけです。

このルシノールに美白成分であるビタミンC誘導体やショウキョウエキス、マジョラムエキス、クジンエキスクリアなどを合わせて配合した「ルシノールEX」は「メラニンが作られるはたらきをおさえながら、美白成分を送り込む」という言ってみれば、最強の組み合わせ。

ただ単に、チロシナーゼのはたらきを抑えるだけだったり、ビタミンC誘導体などの抗酸化成分、できてしまったメラニンを排出しやすくする成分などを配合しただけの美白美容液とは実感できる変化がまったく違うのです!

まとめ

全顔用美白美容液という新しい美白の概念を打ち出した、ポーラのホワイトショットCX。しっとりしているので、肌が乾燥しがちな方にも適していると思います。40代以降になったら、これとホワイトショットSXの併用をすることで最強の美白対策をすることが可能です。

ピンポイントのしみよりも顔全体のくすみが気になるという人にも絶対試してみて欲しいですね。

30代の方なら、このホワイトショットCXだけを使って、スポットにはもう少し安い美白美容液を使ってもいいんじゃないかな~?と思います!

-POLAホワイトショット
-, ,

Copyright© ポーラ(POLA)BAは買い?【私の効果体験談】 口コミに騙されない , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.