ポーラBA

ポーラBAマッサージクリームとエステどっちがお得?

更新日:

突然ですが、皆さんはエステに通っていますか?

私は通っていません!(笑)以前は、誰かにお手入れしてもらう贅沢も必要だなーと思っていたのですが、通っているうちにいろいろなものを買わされるのがイヤで…。

何万円もする化粧品をキープしなければならないのも納得がいかず…。

どうせなら同じだけお金をかけて『おうちエステ』をしたほうがいいかなと思うようになったのです。購入したのは、賀来千香子さんがイメージキャラクターを務めているReFaCARAT(リファカラット)やマイナスイオンスチーマー。

そして、次に購入してみようかなと思っているのが、ポーラBAシリーズのマッサージクリームです。スチーマーと併用すれば、エステ並の効果が期待できるのではないか?と期待しています。

今回はポーラBAマッサージクリームがエステと比べてどれだけお得なのか検証してみたいと思います!

エステってどのくらいお金がかかる?

エステは高いです。1回当たり数万円単位の施術価格で、入会金やら年会費といった意味不明な費用やキープ化粧品で、数十万円程度の出費を余儀なくされます。よほど、お金に余裕があればいいのかもしれませんが、やっぱり他力本願なエステと自力に頼るおうちでのケアは長い目で見れば、絶対に差が出てきます。

美肌は自ら作り出す。それが私のモットーです(笑)。

まずはエステでどのくらいのお金がかかるか考えてみましょう。

トライアルは安いけれど、本契約をすると高い!

実は私、エステサロンの契約で苦い経験がありまして…。3,000円くらいのトライアルを受けに地元のサロンにでかけたところ、施術後に延々と契約をするように個室で説得され、契約するまで帰れない……というような雰囲気になってしまったんです。

まだ20代だったので、今みたいにズバズバ思っていることを言えなくて…。そのまま契約。20万円以上する契約をさせられた上に、1つ2万円くらいするクリームをキープさせられ、なくなるとどんどん新しい化粧品を買わされるという悪循環に陥ってしまったのです。

当時はニキビが結構あったのですが、エステサロンなのに「面皰圧子(めんぽうあっし)」を使ってニキビの膿を出されることもしょっちゅう。

ニキビをつぶすのは医療行為なので、今思えば違法行為をしていたんですね。

無理やり契約させる手法がヒドイ

経験がある方も多いと思うのですが、エステは「契約するまで帰さない」っていうところが、いまだにあるみたいです。

私が強引に契約をさせられたサロンも今では『無理な勧誘はいたしません!』とサイトに書いてありますが、多分ウソだと思います。(笑)。

今でも覚えているのですが、肌に潜んでいるメラニンを浮かび上がらせるライトみたいなもの顔に当てられ、『これはシミの予備軍なんですよ。何年かしたら、これが全部シミになって出てくるんですよ。それでもいいんですか?』と脅されました。(実話です)

今、私の顔にはそれほどシミもありません!あれはウソですから、皆さん信じないようにしてくださいね。

確かに何もお手入れをせずに過ごしたらシミはできるでしょうけれど…。20歳そこそこの若い女の子にベテランのエステティシャンがたたみかけるように脅すわけです。

そんな状態ですから、通うのが嫌になって契約回数全部通う前に、行かなくなってしまいました。今思い出しても、もったいない。

その後、大人になってからも何度かエステに通いましたが、1回15,000~30,000円近く払って施術をうけても、効果が続くわけじゃない。それなら、何回かエステに通ったと思って、ちょっとリッチなコスメを購入したり、スチーマーやリファカラットを買った方が絶対いいです!!

エステ以上の効果?ポーラBAマッサージクリームのココがすごい!

ポーラBAマッサージクリームの価格は12,960円。ちょっと高めですが、45回使用することができるので1回当たりの金額は288円。週に2回使った場合、約600円で済むことになります。

「でも、化粧品であることには変わりないし、エステとは違うんじゃない?」と思うかもしれません。でも、BAマッサージクリームには、エステでも使用されていない新しい肌を生み出すためのバーシカンという物質が含まれているのです。

着目物質、バーシカンとは

コラーゲンやヒアルロン酸を化粧品として肌に塗ったり、食べたりしても肌にあるコラーゲンやヒアルロン酸と置き換わることはない。というのはもはや常識ですよね。化粧品に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸は分子が大きいので、肌に浸透することはできません。

そこで、ポーラが着目したのが、バーシカンという物質です。

「バーシカン」は初めて肌が作られる胎児期に大量に生み出され、肌の土台を作る物質です。胎児期の真皮づくりではまず線維芽細胞が「バーシカン」を生み出すことで 足場を整え、広く移動しながら弾力の源であるコラーゲンやエラスチンなどの線維を張り巡らすと考えられています。

しかし「バーシカン」は加齢と共に減少してしまうため、胎児期のようなダイナミックな真皮づくりは行われにくくなっています。そこで大人の肌でもう一度バーシカンを増やすことができれば胎児期のような真皮の形成を再現することが出来ると考えました。

赤ちゃんの肌がプルプルなのは、生まれる前にコラーゲンやエラスチンの土台となる、バーシカンが大量に作られているからなんですね。

でも、バーシカンの産出がピークを迎えるのは胎児期。大人になるとケガをしたあとに傷が治っていく過程でバーシカンが産出される程度で、それ以外はほとんどバーシカンが作られることはないのです。

バーシカンの産出と増殖を促す成分、ゴールデンLPとは

このバーシカンを作り出すことができれば、肌の線維芽細胞のはたらきが高まり、より多くのコラーゲンやエラスチンを作りだすことができると考えられるのです。また、バーシカンが多い肌は水分をより多くのヒアルロン酸を抱え込むことができ、保水力も高まるのだとか。

ポーラはこのバーシカンを作り出すための物質を探しに探しました。そこで見つけたのが、黄金の繭から抽出される成分・ゴールデンLPです。

「ゴールデン LP」にて「バーシカン」の産生が高まると、線維芽細胞からのコラーゲン及びエラスチンの産生量が増加することが確認されました。生成されたコラーゲン線維を観察したところ、太くてしっかりした束となっていることや、弾力性や水分保持力が向上することが確認されました。

ハリのあるしっかりとしたコラーゲンやエラスチンが作られることで、肌の弾力がアップさせることができるかもしれない…。まさにポーラだからこそ、世に送り出すことができた次世代アンチエイジング成分と言えるのではないでしょうか。

私なら、エステに通うより、自分の好きな時間に思いっきりリラックスしながら、贅沢なお手入れ時間を過ごすことを選びます!

まとめ

繰り返しになりますが、エステは高いです。通うのなら、いざというときのために、いらないものはいらない!とはっきり言える強い意思も必要でしょう。とはいえ、エステティシャンたちは契約をとるために日々、研修やミーティングを繰り返しています。

私ならこんなにストレスになるエステに通うなら、その分のお金をつぎ込んでポーラのBAシリーズをフルで揃えます!こういう目線で見ると、BAシリーズも高くないかも(笑)。おうちエステ、おすすめですよ~!!

美容マニアの瑞樹(みずき)が選んだポーラBAのおすすめ3選

よく読まれている記事

1

今日は満を持して!私の一番のお気に入り、ポーラBAセラム・レブアップの体験談をお話したいと思います! このレブアップ、人気のBAシリーズのなかでも期待度・人気ともに高いアイテム。 数々の雑誌でベストコ ...

2

いま、このブログを窓際のデスクで書いています。外はどんより曇っているけれど、こんな日も紫外線が降り注いでいるということをご存知でしょうか? 5月は年間で最も紫外線が強い時期。まだ、本格的な夏ではないの ...

3

「多少お金がかかってもいいから、本気でアンチエイジングをしたい」そう思ったとき、候補にあがる化粧品のひとつにSK-Ⅱをあげる方は多いのではないでしょうか。私もそうでした。 SK-Ⅱといえば、桃井かおり ...

4

皆さんは美肌&美白のためのサプリメントを飲んでいますか? 私は今、ポーラのホワイトショット・インナーロックを飲んでいます!「飲んで美白」って、イマイチ効果が実感できたことがないので、半信半疑だったので ...

5

メイクをする上で欠かせない、毎日のクレンジング。 肌を美しく保つために、クレンジングはしっかりしている!という方も多いと思いますが、実はこの行為が肌の老化を早めてしまうことがあるということをご存知でし ...

-ポーラBA
-, ,

Copyright© ポーラ(POLA)BAは買い?【私の効果体験談】 口コミに騙されない , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.