リンクルショットで日本で唯一シワに効く化粧品を販売しているポーラのBAシリーズのレビュー

ポーラ(POLA)BAは買い?【私の効果体験談】 口コミに騙されない

ポーラBA

ポーラBAアイクリームが激売れ!?早速使ってみた!

更新日:

40歳を過ぎたら…、いえ、本当は30代のうちから真剣に選んでおかなければならないアイテム、それがアイクリームです。

私が好きな美容家の大髙博幸さんも「(若いうちから)アイクリームだけは欠かさないで」と言っていました。安いものから高いものまで一通りのアイクリームを試した私ですが、なんとなくしっとりするだけでコレ!といった手ごたえを感じるものはありませんでした。

でも、ポーラのBAザ・アイクリームは違ったんです!

ポーラBA ザ・アイクリームを使った感想

ポーラBAザ・アイクリームの価格は21,600円。朝晩使って60日分とはいえ、かなり高額です。でも、@cosmeでの評価も高めだし、かなり売れている様子。なにより今!使わなければ取り返しがつかないことになってしまうのでは?と思って、清水の舞台から飛び降りてみました(笑)。

直後に感じた効果

手に取ってみたときのテクスチャーは固め。これまでのアイクリームのようなゆるっとした感じでないことに、ちょっと驚きました。小さなパール2つ分くらいで両目をカバーできるので、確かにかなりもちそうな予感。

香りはBAシリーズ・レブアップと似たブーケフローラルの香り。上品で強すぎない、リラックスできる香りです。乾燥した目元につけてみると、濃密なクリームが、すっと浸透して、ベタつくことなく肌をピタッ引き締めてくれる感じ。

英語では、「肌をコンパクトにする」なんていうのですが、まさにそんな感じで肌の密度が増したような感じがしました。これが直後に感じた効果です。

翌朝以降に感じた効果

午後に鏡を除くと目の下にちりめんジワが浮かんでいたのですが、このアイクリームを使うようになってから、ほとんど気にならなくなりました!化粧直しをしても、しわが目立たないので安心してパウダーファンデを使えるようになりました。

これまでアイクリームは夜しか使っていなかったのですが、このBAザ・アイクリームは「朝晩使用で60日分」とあったので、朝も使うんだ……と思って、朝も使っているのがよかったのかも。考えてみれば、日中の方が目元を乾燥させる要素は大きいわけですから、当然ですね。

使い続けてみた実感・たるみも改善?

使い始めて2週間くらいで、目元のくすみが軽減!!これは、結構早く変化を実感できました。

それまで必ず、明るめのリキッドファンデでハイライトを入れていたのですが、最近はUVカットにフェイスパウダーだけでメイクが終わるほど、目元が明るくなった感じ。

そして、一番、気になっていた下まぶたのたるみ。寝不足や疲れが取れない日が続いたときはてきめんだったのですが、このたるみも、使用して1か月くらいでだいぶ気にならなくなくなってきました!

また、夜になると上まぶたがくぼんだように見えるのも気になっていたのですが、くぼんでいた事実をすっかり忘れるくらい気にならなくくらいに。

コスメでたるみにアプローチできるとは思っていなかったので、かなり驚いています。

デリケートな目の周りは美顔器も使えませんし、表情筋エクササイズを頑張るしかないと思っていたのですが、このBAザ・アイクリームを使うことで、目元のたるみも予防できそう。力強い味方を見つけた気分です!

結論。高いけれど、リピすると思う…

確かに21,600円は高いです。とはいえ、朝晩使っても60日分なので、夜だけ使うならもっともたせることができます。21,600円払って、数カ月間目元のしわやたるみが進行しなくてすむ…と考えれば、妥当な金額と言えるのかもしれません。

予算的に難しかったかもしれませんが、30代の頃からこれを使っていたら、見た目年齢の若さをもっとキープできていたいかも…とちょっと悔しい気もしますね。いまのところ、2か月以上十分もちそうな感じがするのでリピすると思います。

詳しくはPOLA公式サイトで確認してみてください。
体験談とかも載っていて楽しいです^^

アイクリームが絶対に!必要な理由

若い頃は「目元もクリームやアンチエイジング美容液で保湿しておけば問題ないでしょ?」と思っていました。

でも、目元の皮膚は顔の皮膚のなかでも特に薄く、まばたきや表情によって動きやすい部分。アイメイクをするときや、落とすとき、目をこするときなど、力が加わりやすく負担がかかりやすいパーツでもあります。

目のまわりは眼窩といって骨がなく、支えとなる土台がない部分。年齢とともに、保湿成分だけではなく、しっかりと肌を支えてあげるためのハリ成分も必要になってくるのです。

私も40歳を過ぎてから、下まぶたが少しずつたるんできたような……。ここでなんとかしないとマズイ!と思ったのですが、たるみが化粧品でケアできるかどうか…疑問でした。

まばたきの回数は1日約2万回。まばたきをなるべくしないようにしたり、笑わないようにするといった努力をしたこともありましたが(笑)、当然ムリ。いいアイクリーム探しがの旅が始まったのです。

 

ポーラが着目したポイントとは

1歩先行くアンチエイジングケアを目指すポーラが着目したのは「目元のゆるみ」。繰り返しになりますが、公式サイトでは以下のようにまとめています。

土台なし 目もとは肌の土台となる骨、筋肉、脂肪が少なく、不安定。

厚み1/3 ほほの部分と比べ、皮膚の厚みは1/3程度。紫外線や乾燥によるダメージをうけやすい。

振動   1日に2万回ともいわれるまばたきや、表情によってつねに振動し不安定に。

土台がしっかりしていない家がぐらぐら揺れるように、動きやすい目元はゆるみやすいということ。

ザ・アイクリームはコラーゲンの強度を高める成分をプラスすることで、若い頃のような、まばたきや表情の動きにまけない、しっかりとした土台に支えられた目元を目指しています。

糖化を防ぐ成分がコラーゲンをサポート。くすみをクリアに

ポーラBAシリーズに含まれている抗糖化成分、EGクリアエキスとYACエキス。

抗糖化ケアをすることで、コラーゲンの劣化を防ぐことにつながります。このことで、ハリのある目元をキープ。

コラーゲンを補うのではなく(保湿はできても、化粧品でコラーゲンを浸透させてハリをアップするのはまずムリかと)、すでにあるコラーゲンを劣化させないようにケアし、肌のハリを強化してくれるのです。

糖化を防ぐことで、オバ顔の原因・目元の黄ぐすみも防いでくれる効果が期待できます!

ポーラ独自の保湿成分 月桃葉BAリキッドとアケビ茎エキスをプラス

ベタつかず、目元の肌をふっくらさせてくれる保湿成分はポーラオリジナルのもの。

リフトアップ効果のある「月桃葉BAリキッド」と、めぐりを高めて明るい目元に導いてくれる「アケビ茎エキス」をプラスすることで、ハリと透明感にあふれる目元に近づけてくれるのです!

 

BAザ・アイクリームとビーグレンのトータルリペアアイセラムの違い

このポーラBAザ・アイクリームを試す前に色々なアイクリームを試しました。

資生堂やDHC、コーセーなどのアイクリームは一時的に乾燥を防いではくれるものの、目元のゆるみまではカバーしてくれません。なので、30歳くらいまではいいのかも。でも40歳を過ぎたらダメですね。

かなり期待して使用したのが、ビーグレンのトータルリペアアイセラムでした。確かに乾燥はかなり、改善されたものの、ハリがアップしたような変化は感じられませんでした。2回購入したところで、こちらもやめてしまいました。

摩擦をしないケアと表情筋トレーニングでさらにハリのある目元に!

これはアイクリームとは直接関係ないのですが、目元のくすみやたるみを防ぐための二次的なケアとして、大切なことだと思います。いくら高価なアイクリームを使っていても、目の回りをゴシゴシこするようなケアをしていたら、しわやたるみが起こるのは時間の問題です。(涙)

摩擦を防ぐために気をつけたいことはこの4つ。

  • 花粉症やアレルギーが起きたとき、こすらないで済むようすぐ目薬や塗り薬を用意しておく
  • クレンジングのときにも絶対に力を入れない。シートクレンジングはNG
  • アイクリームを塗るときには薬指で!(力が入れられないので、必然的に優しいタッチになる)
  • とにかく目元を触らないようにする

表情筋のトレーニングには

  • 間々田佳子さんの顔ヨガ
  • キャロル・マッジョのフェイササイズ

などを取り入れていくといいと思います。私も毎晩、鏡の前で変顔をして(笑)トレーニングしています。

まとめ

アイクリームは絶対に必要です!このBAザ・アイクリームの価格は税込み21,600円。高いのですが、朝晩2回の使用で60回使えます。夜しか使わないという方であれば、ひとつ買うと3~4ヶ月は持つと思います!なので、コスパも実はそれほど悪くない気がしてきました。

声を大にしていいたいのが「アイクリームは1日も早く使い始めること」「ケチらないこと」(笑)。

40歳を過ぎて、目元が本格的にたるんでしまったら、取り返しがつきません!たるみは絶対に防ぎたい!という方にはいいと思いますよ~。

詳しくはPOLA公式サイトで確認してみてください。
体験談とかも載っていて楽しいです^^

-ポーラBA

Copyright© ポーラ(POLA)BAは買い?【私の効果体験談】 口コミに騙されない , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.