未分類

40代が絶賛!ポーラBAシリーズの3つの効果

投稿日:

皆さん、お肌の調子はいかがですか?最近、季節の変わり目だからなのか、ちょっとした肌荒れに見舞われて落ち込んでいる瑞樹です。

さっそく駆け込み寺的な存在の皮膚科に駆け込み、内服薬を処方してもらって事なきを得たのですが、やっぱり年齢的に肌がゆらぎやすいな~。と感じることが増えましたね。

肌荒れがひどいときは、いったん化粧品の使用をストップしましたが、その後は普通にBAシリーズでお手入れ。肌荒れの時に下がった肌のコンディションをぐんぐん上向きにしてくれる頼もしい存在です。

今回、肌が荒れたとき改めていろいろと最新の化粧品成分について調べたのですが、BAシリーズ、ホワイトショットってやっぱりすごいな!と改めて実感しました。今回は肌がゆらぎやすい40代の私が絶賛する、ポーラBAシリーズの3つの効果!と題してお届けします。

ポーラBAシリーズ 40代が絶賛する3つの効果

肌がゆらぎやすい40代だからこそ、BAシリーズ

今回、私が肌荒れしてしまったのはどうやらホルモンバランスの乱れが原因でした。体質的にストレスで男性ホルモンが優位になることが多いみたいで、20代後半の仕事をバリバリしている時期に大人ニキビに悩まされたこともあった私。

40代になると女性ホルモンの分泌が減るからでしょうか……(涙)体調によって、肌にかゆみや赤みが出ることがあります。幸い、かかりつけの皮膚科があるので、症状自体は治まるのですが問題はそのあと。一時的に美容液の使用をストップしていたせいか、肌がカサカサのシワシワに……。

肌を回復させたい!と思っても、ここで刺激の強いアイテムを使うと肌荒れがぶり返してしまうことになります。でも幸い、BAシリーズは比較的刺激が少なく、問題なく使えることがほとんど。

40代は肌が揺らぎやすく、誰でもコンディションが急降下することもあります。だからこそ、刺激が少なく&効果が高い、ポーラBAシリーズがおすすめなんです。引き続き、下がった肌をアゲてくれる3つの効果について説明していきます。

自浄サイクル効果

私たちの肌は自ら美しくなる力を持っています。有効な成分を与えまくるより、この力を高めてあげる方が肌は丈夫に、そしてキレイになります。

「自浄サイクル」機能が正常な肌は、なめらかで、みずみずしいハリがあるフレッシュな肌印象です。しかし加齢や酸化ストレスによって「自浄サイクル」機能が低下し、劣化したヒアルロン酸やコラーゲンが肌に溜まってしまうと、肌表面のうるおいやハリが失われてゴワつき、しぼんだ肌印象になってしまいます。

「自浄サイクル」は加齢や酸化、ストレスなどによって低下していきます。肌荒れによる炎症は酸化やストレスの元。だから肌荒れ後は、劣化したヒアルロン酸やコラーゲンを分解する力が低下するということ。ぐんと肌がくすんで、しぼんだ感じになる理由はココです。

この自浄サイクルを正常化させるために、BAシリーズには、シラカバ樹皮エキス、ハトムギ種子エキスをブレンドした、オリジナル複合成分SBフレッシュ-Rを配合。

劣化したヒアルロン酸やコラーゲンを分解しやすくして、クリアな肌を取り戻してくれます。

バイオアクティブ効果

今回の肌荒れで私が焦ったのは、いままでほとんどトラブルのなかった上まぶたにかぶれが出てしまったこと。かぶれが引いた後、シワシワになってしまって…。(汗)

「これは一時的な乾燥ジワよ!」

としっかり自分に言い聞かせながら、ザ・アイクリームを毎晩、ていねいになじませたところ1週間もたたないうちに復活。元通りのピンとしたまぶたに戻って、胸をなでおろしました。

これがBAシリーズのバイオアクティブ効果です。これは、肌が自らハリを取り戻す力をサポートする効果のこと。加齢や酸化、ストレスなどによって新しくヒアルロン酸やコラーゲンが作られにくくなれば、当然ハリも低下していきます。怖いですね。

BAシリーズでは、加水分解コンキオリン液、イガイグリコーゲン、ヘチマエキス、チョウジエキス、イザヨイバラエキスをブレンドしたBAコアリキッドをプラス。

特にBAザ・アイクリームには月桃葉BAリキッドやアケビ茎エキスで、X型補強リフォームで真皮のコラーゲンを強化し、厚みのある肌を取り戻すサポートをしてくれるパワフルなアイクリーム。

それでいて、刺激が少ないので肌荒れ後のナイーブな肌でも問題な使えて、本当に助かりました。

抗糖化・抗カルボニル化効果

40代を過ぎると、気になりだす肌の黄色いくすみ。糖化によって起こると考えられているということは、何度かお話してきましたよね。

BAシリーズには糖化を防ぐYACエキス(ヨモギエキス)やEGクリアエキス(レンゲソウエキス)などが配合されていて、糖化によるくすみもカバーしてくれています。

そしてもうひとつ、この黄ぐすみに深く関係していると考えられているのが、カルボニル化という現象です。カルボニル化というのは、資生堂が解明した現象のようで、そのためかポーラのサイトでは触れられていません。

紫外線を浴びた部位の肌の状態を、浴びていない部位と比較して研究した結果、肌の深部にある真皮が黄色化していることを突き止めました。さらに、紫外線を浴びた肌の真皮では、脂質の過酸化反応などに起因する「カルボニル化」というタンパク質の変性が生じており、この反応が肌の黄色化に大きく影響していました。

(出典:資生堂 https://www.shiseidogroup.jp/releimg/1808-j.pdf)

このカルボニル化、皮脂に含まれる脂質が酸化してできる過酸化脂質が原因なのだとか。糖化よりも強い黄ぐすみを起こすという意見もあるほどです。

資生堂では、カルボニル化を防ぐ効果期待できる成分として、オリーブ葉エキスをあげています。オリーブ葉エキスは糖化を防ぐ成分としても知られていて、それほど真新しい成分ではありませんよね。

ポーラではカルボニル化による糖化には対応してないってこと?と思ったのですが、安心してください(笑)。

「カルボニル化」という表現こそしていませんが、しつこい黒ずみやシミの原因になる過酸化脂質によって変化したメラニン、過脂化メラニンに着目した研究はきちんと行っているのです。

ポーラでは過脂化と表現しているようです。こちらはホワイトショットになりますが、きちんと過酸化反応(要するに紫外線をあびたりして酸化して、過酸化脂質ができること)によって起こるダメージを防ぐルシノールやSCリキッドといった成分を使用しているので、安心です。

紫外線等の刺激は、皮膚組織をはじめとする生体内にスーパーオキシド・O2-、ヒドロキシルラジカル・OH といった活性酸素を発生させます。活性酸素が生体内に存在する脂質と反応することで過酸化脂質が発生し、生体組織にダメージを与えることが知られています。過脂化とは、この過酸化脂質により変化を受けることを指します。酸化、糖化と同じく身体に影響を与え、肌においては、色調の濃いメラニン(過脂化メラニン)を産生させると考えられます。

糖化も過酸化脂質によるトラブルである、カルボニル化もBAシリーズとホワイトショットを併用することで、防げるのではないかな?と思っています。

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたが、揺らぎやすい40代の肌に最適のBAシリーズ。BAシリーズにホワイトショットのタッグはまさに40代の肌体力の低下、がんこなシミ、黄ぐすみには最適なんです!

今回、肌荒れしたことで、BAシリーズとホワイトショットのありがたさが身に染みて分かりました……。ホワイトショットは新しくドリンクやシートマスクも出ているので、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

美容マニアの瑞樹(みずき)が選んだポーラBAのおすすめ3選

よく読まれている記事

1

今日は満を持して!私の一番のお気に入り、ポーラBAセラム・レブアップの体験談をお話したいと思います! このレブアップ、人気のBAシリーズのなかでも期待度・人気ともに高いアイテム。 数々の雑誌でベストコ ...

2

いま、このブログを窓際のデスクで書いています。外はどんより曇っているけれど、こんな日も紫外線が降り注いでいるということをご存知でしょうか? 5月は年間で最も紫外線が強い時期。まだ、本格的な夏ではないの ...

3

「多少お金がかかってもいいから、本気でアンチエイジングをしたい」そう思ったとき、候補にあがる化粧品のひとつにSK-Ⅱをあげる方は多いのではないでしょうか。私もそうでした。 SK-Ⅱといえば、桃井かおり ...

4

皆さんは美肌&美白のためのサプリメントを飲んでいますか? 私は今、ポーラのホワイトショット・インナーロックを飲んでいます!「飲んで美白」って、イマイチ効果が実感できたことがないので、半信半疑だったので ...

5

メイクをする上で欠かせない、毎日のクレンジング。 肌を美しく保つために、クレンジングはしっかりしている!という方も多いと思いますが、実はこの行為が肌の老化を早めてしまうことがあるということをご存知でし ...

-未分類

Copyright© ポーラ(POLA)BAは買い?【私の効果体験談】 口コミに騙されない , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.